平成28年度から北九州地区小児科医会会長に

 三宅 巧 先生 が就任されました。

 


 

 

     

会長挨拶


20161月から北九州地区小児科医会会長となりました三宅巧といいます。北九州市は政令指定都市の中で子育てをしやすい都市にて常に上位を獲得しており、救急医療や開業医、地域基幹病院との連携に力を入れています。北九州市を中心に遠賀中間、京築地区を含めて福岡県北部の勤務医、開業医の小児科の先生方約200人の会員がいます。北九州市は市制50周年を迎え、各区は100周年になり、地区には基幹病院も多く、産業医科大学を中心にそれぞれの特徴を生かして連携していけるように努力していきたいと思います。地区小児科医会の役員会では広報、学術、母子保健、救急、発達障害など各委員会が10あり、それぞれ各区の代表の先生方に頑張っていただいています。今後は前会長坂口祐助先生の方針を引き継ぎ、産婦人科との連携のペリネイタルビジット事業、在宅児支援事業、発達障害児支援事業などを中心に力を入れていきたいと思います。また、予防接種、乳幼児健診などの予防医療にも行政と連携して乳幼児、学童を含めた小児医療のために頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。